皮肉なことに、嗚呼、夢中。
中丸雄一 中丸 雄一
なかまる ゆういち
赤西仁 赤西 仁
あかにし じん
あかまるシンメ
KAT-TUN YN904 JA704
Nariko コメント大歓迎
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.02.17 Wednesday... - / -
...そのあとで


乗り越えました。またひとつ。


いろいろとまた話し合った。そしたら突然決意した彼氏は明日神社へ行こうと言い出した。二人で行こうと言っていて、ずっと先延ばしにされていた初詣。すごい勢いで何かを決意したらしい。


そしてメガネを買ってくれるらしい。明日は給料日なんだって。


とてつもなくメガネを買ってあげたくなった、と言われた。ありがたい。





とここまで書いたら彼氏が部屋に来たので、そそくさと閉じてしまいました。ここからは今日(16日)の日記になる。


昨日は結局二人ともおきれなくて神社には行けなかた。日を改めて明治神宮へ行こうということで落ち着いた。メガネは夜に二人で出掛けた。私だけに買ってくれるのかと思っていたら、自分も買っていた。二人で新しいメガネ。


今日は一日ゆっくりしていた。彼氏は試験で忙しいが、私はほとんど試験がない。しかも、来週の火曜の英語を乗り越えたら3年生にもなれるし、春休みも始まる。すべてはそこ。だから、バイト休みの今日はほんとうにゆーーーーっくり過ごしているのである。


さっきもひとりで「クローン・ウォーズ」を見た。


エピソード2と3をつなぐ内容ということだったけど、それ自体がどうだったのか思いだすのにしばらくかかってしまって、なんとか内容を思い出せれたかなというところだった。でも面白かった。ヨーダじぃがかわいい。


今日からTSUTAYA半額クーポンでいろいろと借りたいのいっぱいなのに着替えて出かけるのが面倒で仕方がない。





16時です。




2009.01.16 Friday... comments(0) / you and me
...彼氏がいない


日が今日から始まります。


成人式のために帰省してしまった。私は帰らずバイトをする。





2009年も明けて1週間が過ぎ、今年ほど2009年明けた、という実感がわかない年は初めてかもしれない。それは寒い中眠気と闘いながら家族とこたつで年越し蕎麦のだしのにおいをかぎながら紅白を見なかったから、というわけでもなく、なんだろうか。


年が暮れること、明けることに何も思うことがなかったからだろうか。2008年が終ろうとも、2009年がこようとも何も変わらないと思っていたからかもしれない。


そんななかでも、大まかに2008年を振り返れば、かけがえのない存在に出会い、その人との生活が今の私の一部であり、私を作り上げる要素でもあるということだ。


今日から少し、彼氏のいない生活が始まるが現時点で、あぁ彼はいないのか、と思うと涙が出そうになる。永遠の別れのような気になってくる。


前ならそんな自分をカッコ悪い、と思っていたはず。でも、今はカッコ悪くても何でもいい。彼氏がいない生活は私にはありえないのだ、エヘン、ぐらいの開き直り具合だ。人間って簡単に変わってしまうものだね。それこそが人間か、なんて思ってみたり。





すっかり弱虫になった私は、お酒とテレビの力を借りて夜を過ごす。




2009.01.08 Thursday... comments(0) / you and me
...ラビュー・ラビュー


一足早く、彼氏からクリスマスのプレゼントをもらった。


どうしてそうなったかというと、何気なしにもしかして〜とそんなつもりはないだろうと思いながら、(プレゼントは)前BEAMSで買えなかった歯の形をしたPORTERのティースウォレットとか?と聞いたら一向に返事がない。黙る彼氏。図星だった。申し訳なくてしかたのない私。


あれほどサプライズを楽しみにする彼氏なのに、まんまと当てられてたいそうがっかりしただろうに。笑いのとまらない私と悔しがる彼氏。もう、私たちはいっつもそんなんだ。でもそれがほほえましくもあるわけだが。


と、いうわけでついに中学校から使い続けていたBEAMS BOYのお財布とサヨナラをし、新しいお財布に。グレーで中地が紺色の折りたたみ財布。以前、お店でそれを見つけて即座に買う!!と手に持ったものの、まだ他も見るならおいとけば?きっと在庫あるだろうし、という彼氏の言葉にしたがって、一度戻したが最後いざレジへ行く前に見たらそれはなく、店員さんに聞いたところたったさっき最後の一個が売れちゃったんですよ〜…とのこと。だだ凹む私、謝る彼氏、帰り道は何気に気まずかったという例の財布である。


しかもこれ、代官山にしかないデザインで、彼氏はわざわざ代官山のBEAMSまで出向いてくれたらしい。そしたらもうなくて、これまたわざわざ取り寄せてもらったんだって。そんなのズルいよね。


そして、ディズニーでビッグサンダーに並んでるとき、彼氏の携帯に入った一本の電話。誰から?と聞く私に、バイト先からと答える彼氏。なんだって?と聞く私に給料明細持って帰るの忘れてるから取りに来てってさ、と答える彼氏。なんで?!明細ごときで?!!と突っ込む私。笑ってごまかす彼氏。


後から聞いたところ、この電話、実は入荷お知らせの電話だったんだとか。給料明細ぐらいで電話するなんて変な店長だなと思っていたけど、今となっては彼氏の苦し紛れの言い訳がほほえましいのであった。給料明細って。シフトの相談ぐらいにしとけよ、と思うけど、必死だったんだろうな。なんか、でへへってなる。そして、プレゼントについていた小さなメッセージカード。高鳴る鼓動。どんな素敵なメッセージが…!と思ったら、"Present for you!"。そんだけかい!つか、そのまますぎるわ!と思いながらも、ちょっときれいな角ばった字が彼氏らしくて、すごく嬉しかったりなんかして。シンプルイズベストとはまさにこれ。オールドファッションみたいだ。


キュンてするよね。そのひとつひとつが。


渡しておきながらプレゼント自分でそそくさとあけようとするし。私が開けるものではないのかと思いながらも、それも受け入れてしまう私。きっと不慣れながらも一生懸命なのが伝わってくるからなのだろう。


"僕は本当、一生懸命愛されているね"とポルノグラフィティの曲にあるのを思い出して、本当にそう思うことがあるんだなと感心してしまった。ほんと、私は一生懸命愛されている。自分で書いて、照れる。








今年もそろそろ〆の時期か。




2008.12.18 Thursday... comments(0) / you and me
...内出血


今、左の眼の下には小さなアザがある。本当は薄くてあんまり見えないけど、右の眼の下にもアザがある。どちらも彼氏が昨日の夜に吸いついてきてできたものである。私たちはよくじゃれる。ベッドの上で(もちろんエッチな意味ではなく)戯れる。


こしょぐりあったり(彼氏はおへその下が非常に弱い)、無理やりシーソーみたいなことをしたり、ひたすらぐりぐりと頭をこすりつけてみたり、ひどい時は不時着ごっこ(飛行機役と滑走路役にわかれて、飛行機役が不時着する、というもの)でケラケラ笑って遊んでいる。馬鹿だよなと思いながらも、面白いのがやめられない。けど、突然冷静になって、窓の上の方から見える満月にほっとしたりもする。それで、昨日の夜もごちゃごちゃと遊んでいて、そこらじゅう(特に顔面)を吸引されまくる羽目になり、目を吸われた時は今までに感じたことのない痛みのようなよくわからない感覚が。リアルに目玉の親父が生まれそう、と途中でやめてもらったのだけど、やっぱり後遺症が。朝お風呂入ってびっくりした。これじゃしばらくはコンタクトつけられない。コンタクトだと目疲れるから別にいいけど。めがねのフレームで隠さなくちゃ、全然隠れないけど。


彼氏はきれい好きで、私の部屋に来るたび片づけられない私をどうしようもないなという目で見る。その沈黙が怖い。ひたすらごめんなさいと謝る私。もーーーと彼氏。ごめんなさい。


枕もとに並んでいたスヌーピーとかプルートとかケアベアたちも「ここにあっても邪魔になるでしょ」といつのまにかなくなっていた。実際今まで枕もとにおいて、寝る前はきれいに並んでいたはずの彼・彼女らは朝にはすっかりごちゃごちゃで、ひどい時には床に転落、ということもあったし、そりゃ邪魔と言えば邪魔になるんだろうけど、でもほかに置き場所ないし、と思って仕方なく置いていたことは否めない。。。


そんな彼・彼女たちがはたしてどこにしまわれたのか実は今日まで探しもしなかったのだけど、今日、部屋を見渡したらいろんな所にちょこちょこと置かれているのを見つけた。ケアベア2匹が棚の上からこんにちはとこっちを見下ろしている。こんなかわいい置き方があったのかと感心してしまう私。そして、あちこちにぬいぐるみを丁寧に置いている彼氏の姿を想像するとなんともほほえましく、かわいいなぁと思う。どこがいいかなーって部屋見回して考えたんだろうなぁ。バランスうまく考えて座らせたんだろうなあぁ…かわいいなぁ(結局)


素直ってかわいい。純粋ってかわいい。彼氏をこんなにかわいいかわいい言う私はただの盲目。


明日はお昼にパスタ茹でて食べる約束をした。ナスミートと普通のミートソースがあるらしい。私はナスミートがいいな。ならいいよ、俺普通のミートソースでと言ってくれるんだろうな。やさしいなー、ほんと、もう。妄想でもでれでれな私。あほだなーと思う。


でもそんな自分も最近は嫌いじゃない。前までは人に自分が左右されるのは耐え難かったが、今のこんな自分をどうしようもないなと思いつつも嫌いじゃない。でもわがままばっかり言わないように、それだけは気をつけたい。けど、わがままって、基本的にあとからじゃないと、それがわがままだったんだとは気付けないことが多い。何かを言ってるときはそれがわがままだなんて思っていない。ただの私の一意見だと思っていることが多い。はい、今からわがまま言います、というのはわがままではない気がする。


あ、うわ、わがまま言っちゃった。っていうのがわがままなんだと思う。


だから未然に防ぐのはなかなか難しいが、物事よく考えれば気をつけるようになる。そしてよく考えれば新たに見えてくるものがある。そこで要所要所気をつけていけばうまくいくと思う。





私はクスリくさい飲み物が大好きだ。デカビタとかライフガードとか。オロナミンCも好きだけど、量が少ない。元気ハツラツぅ?より、ファイトーいっぱーーーつ!のほうが内容量多いイメージがあるのは私だけか。実際どうなのだろう。今度見てみよう。





桐生夏生の「女神記」を買った。


ジャケットが強烈。読んでみる。



女神記 (新・世界の神話)

女神記 (新・世界の神話)









2008.12.12 Friday... comments(0) / you and me
...プレゼント


彼氏が爆睡しているその横で眠れず天井を見上げていた私。何を思うか。クリスマスプレゼントは何をくれるんだろうか。彼氏のセンス、私とちょっとズレてるもんな。どうなることやら。ぐへへ。


私は彼氏にFREITAGのメッセンジャーバッグ(Hawaii)をあげる予定、というか14日から1泊2日で夢の国へ行くのだが、そのときに二人でそれぞれさげたいなと思って(私の中で、デートで二人してFREITAGをさげる、というのが夢だった)、実はこれがプレゼントです、とクリスマス前だけどクリスマスプレゼントの中身がばれたわけで、そしたらなんかプレゼント考えるのに煮詰まった彼氏がFREITAGって東京じゃどこにある?とか聞き出してきて、え、また私FREITAGのかばん増えるのかよと嬉しいような、さすがにクリスマスプレゼントはもう少しKAWAII!モノがいいよなーとか思ってすぐにでもネットでお店の場所を調べられるにも関わらず、それには気が進まない私。


今右の小指につけているピンキーリング(というほど細くて華奢なKAWAII!デザインではないけれどシンプルイズベスト)をくれたことで、彼氏的には次は指輪以外のもので何か、という考えらしいが、どうなのだろう。いや、出来ればペアリングとまでは言わずとも、もうひとつしっかりとした指輪(中指か薬指にできたらしたい)も欲しい気もするけど、どうなのだろう。わからない。


そんなことを考えていたら、翌日に見た夢はいろんな人からプレゼントをもらうものだった。しかも登場人物が山ぴーとかあかにしじんじんとか。あとまぎれてうちの寮生の男数名。モテモテな私。その中で彼氏は、相変わらず何がいいかなーと悩んでいた。


でも、突き詰めてプレゼントって何が欲しいと問われると全くぴんと来ないのはなぜだろう。人にあげたいと思うものは次から次へと思いつくのに、自分が受け手となるとその思考回路は一瞬にして停止してしまう。そこで思うのは、自分はどちらかというと人から貰って満たされるというよりは、自分で買う、ということに満足感を得るほうの人間である、ということだ。


ということは、要は贈答品の何が嬉しいって、私という人間のニーズをその人なりに解析して、考えてくれた、という経緯こそが嬉しいのである。だから、モノとして、今の私にすごくぴったり合っていて使える、というものでプレゼントを考えてはダメ、ということになる。だから、何がいいといわれても、わからん、の一点張りにしてみてはどうだろうか、、、、悩ましげな彼氏の表情が眼に浮かぶ。





雨の中、学校とはいやなものだが、今日行かないとちょっと厄介らしいので行く事にする。




2008.12.09 Tuesday... comments(0) / you and me
...雨の日の出来事。


美容院へ行ってきた。どうもすぐ量が増えて、いっつもあーセットしきれんとすぐにカットしに行く。これ、きっとどうにかした方がいい。そのくせ、伸ばしたいとか言うんだから、担当さんも困ったもんだ。いつもありがとうございます。


今日はカットとパーマでボブヘアーに近づけてもらった。でもあれだよ、太ったせいでひどいもんだよ。痩せろ、自分。


美容院終わってしばらくして、天気が一気に崩れて、本屋でガリレオ最新作2冊と山崎ナオコーラの本を購入。ミスドで読書。彼氏が17時すぎに八王子に帰ってくるのをそのまま待って、彼氏とその後ミスドでクリスマスはどうするだの、年末ジャンボ当たったらどうするだのくだらない話をした。


その後、私がトイレに行ってるうちに彼氏が山崎ナオコーラの本をパラパラとめくっていて、私が席に戻った途端、登場人物の名前が気に入らないと言い出した。呑気にトイレの中でも宝くじの使い道は何があるだろうと考えていた私は一瞬え?となり、その後自分の気に入っている本を批判されたことに憤りを感じ、しかもしっかりと中身を読んでいないのに登場人物の名前が気に食わないと我を張る彼氏にイラッときてそのまま軽い喧嘩になった。


彼氏の言い分は私にはまったく理解できず、どうしてたったそれだけのことに固執するのか、小さい男だなと思った。それまでの楽しい雰囲気は私の沈黙とともに一瞬にして消え去り、あとは気まずく重く固まった沈黙が続くだけ。


そしたら私はそのうちによくわからないけど、気持ちが沈んでしまって、彼氏とも話す気にもなれず、「帰ろう」と一言言って帰ることにした。彼氏はそこまで私がへこんでいるとも思っておらず、しかし明らかにつーんとした私の態度に恐る恐る「怒ってる?」と聞くばかり。そのとおりに「うん、怒ってるよ」なんて言う気にもなれず、黙ってもくもくと歩き続けると耐えきれなくなった彼氏が「ごめんー」と泣きついた。なら最初っから考えろよ。なんて言うわけにもいかず(言ったら本気で彼氏が泣く)、もうなんでいっつもこうなんだと自分にも彼氏にもうんざりしてしまって、でもやっぱり自分の落ち度ばかりが目について私はずんずん沈んでいくばかり。彼氏の必死の励ましもむなしく、私はうつむいたまま寮に到着。しかし「やっぱりこのまま帰るわけにはいかない」と彼氏が私の手を取って歩き始めた。そんでなんかもうよくわかんないけど、もういいやってなって、いっつも二人のことになるとマイナスになる私に反し、なぜかこういう時に限ってすんごいプラスに物事を考えられる彼氏(自分のことは全然マイナスなのに)に敬礼!でちょっと泣いたあと手をつないで寮に帰った。


すべてをここに文で書くことはしないけど(うまく書ききれないし)、とにかく私が心配になるのは彼氏を好きだからであり、いつでも二人のことに関してはすんごいプラスに考えられる彼氏は彼氏で、私を好きでいてくれるからこそなのだろうなと思うのだった。


それが男と女の違いだね、といいながら笑う彼氏の手は大きくて温かかった。ぎゅっと握って、極力この手を離しはしないと心に誓ったのでした。


あ、本の紹介。



論理と感性は相反しない

論理と感性は相反しない








聖女の救済

聖女の救済








ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩













そういえば、雄一氏はさらに髪が縮んでいて驚いた。


あれは短くなったというよりは"縮んだ"の表現の方が的確な気がする。それだけなんだけど。大きなお世話だよなってな。


おしまい。




2008.12.05 Friday... comments(0) / you and me
...日帰りバスツアーの旅


今日は彼氏と二人で日帰りツアーに参加。


焼津寿司の食べ放題とみかん狩り食べ放題と富士山を見ながら入る温泉ツアーという、超!長いツアー名だったんですが。


朝5時起きで、二人して駅までふざけて走って(なぜ走ったのかは不明)、コンビニでお朝ごはん代りにおでんを買い、電車に揺られながらおでんをひっしで食べました。コンビニおでん最高…!


ツアーの一日のスケジュールはというと、まぁ詰め込まれていて、楽しかったけどあっという間で、疲れた、というところでしょうか。


まずわさび工場で見学。お土産売り場でひたすら試食。


でっかいわさびのレプリカを写メ。


それからさかなセンターとかいうところに到着後、お昼のお寿司食べ放題。ネタはいろいろとあったけど、さすがに十何貫も食べれる物ではなく、彼氏なんかは基本生モノがだめで(えびはもってのほか、かろうじてまぐろ程度ならいける)、あぶってあるまぐろとたまごばかりをひたすら食べていた。それを見ていて、はたしてたまごに回転寿司とかとの味の違いはあるのだろうかと思いながら、おいしいおいしい言ってたまごをほおばる彼氏にほっこり。


私はというとまんべんなくいろんなネタを一巻ずつ食べさせていただきました。おいしかったけど、もうお寿司の食べ放題はいいや。笑


その後、40分ほどかけてみかん狩りのできるところへ。


みかん狩り、人生で初めてだったんだけど、すんごい急斜面なんだね。びっくりした。しかもみかん畑までの道のりもすんんんんんんごい急!急!急!で間違いなく明日には腿の表面の上ら辺(通じるかな)が筋肉痛になる気が。


しかし、まーもいでその場でたべるみかんはとってもおいしいものだなと彼氏と二人、感激した次第であります。


お土産に一人5個ずつくれた。ので、今私の部屋には10個のみかんがある。あとで彼氏と二人で食べる予定。


それから1時間半ほどかけて温泉へ。


温泉といっても、一般の人が利用する健康ランド的なところで、プールと温泉とが併設されていて、子供連れの人で大賑わいでした。


混浴なわけないので、彼氏と別れ、ひとりでゆっくり温泉につかったのだけど、長い間窮屈な座席シートに詰め込まれていた体のコリはすさまじく、その疲れに温泉が効くこと、効くこと。


お湯加減もちょうどよくて、露天風呂からは富士山が見えるという素敵なお風呂でした。風呂上りに彼氏にアイスを買ってもらい、食べながらバスへ。新宿へと帰ってきたのでした。


今回のツアー、お土産ものが多くて、たくさん添乗員さんが配ってくれた。わさび工場の直後はわさびマヨネーズ味のおかきを一人2個ずつ。さかなセンターのあとは乾燥わかめの小袋を1つずつ。みかん狩りのあとは1人あたり5個ずつ。


お土産いっぱいで帰りは大変だった。あと彼氏t二人で寮のみんなで食べればいいよねーとわさび工場でぴりからしいたけと茎わかめを買ったので、明日にでもみんなと食べようかな。





いやー、本当に長いようであっという間。


温泉は本当によかったけど…!


みかんもなかなかおいしかったけど…!


お寿司は量食えるものではないなと再確認したけど…!


もう一度行きたいかと言われたら、「のんびりと梨狩りがいいよね〜」と顔を見合わせた私たちなのでした。





今夜はこのままぐっすりと・・・というわけにはいかず、帰りについつい寄ったTSUTAYAで借りたDVDを彼氏とみかん食べながらみます。








それでは〆。




2008.11.03 Monday... comments(0) / you and me
...ぐったりしてるよ、今日。


昨日の夜は後輩3人と彼氏と夜遊びへ。と言っても、私たちの夜遊びなんて限られていて、近所にあるボウリングとダーツ。


後輩3人はダーツが初ってことで、なかなか楽しんでくれた。


その結果、帰ったのが朝方の4時近くで、朝5時までやっているラーメン屋さんで夜食のような朝ごはん。


ただでさえとんこつのこってりなのに、彼氏は大盛の替え玉とか私の理解を遥かに越えることをしているし、後輩たちはにんにくめっちゃくちゃ入れてくっさいし。


そんな私はお酢を目一杯入れて、周りからさんざん非難されたけど。そんな変わった5人組でした。


今から寝たら到底朝ごはんには起きられないと、朝6時まで彼氏と一緒に映画を観る予定が私の意識がすでに朦朧としていて結局私は朝ごはんも食べることなく爆睡。起こすよ、と言っていた彼氏など全くあてにならなので、自力で11時に起きて学校へ行く準備。14時20分からの授業に対して、電車に乗ったのが12時過ぎ。余裕ありすぎるだろうと逆に時間を持て余すのではないかと心配していたのに、なんとも運悪く人身事故に巻き込まれ、、、


千歳烏山で降りる羽目になり、そこから振替輸送で渋谷を目指すことに。またそれが厄介で、バス乗って、小田急の駅まで行って、そこから下北沢行って井の頭、とかなりの遠回り。おかげで渋谷に着いたのが14時過ぎで20分には到底間に合わず。


でも運よく、教室へたどり着くまでに担任の先生に会って、ことの事情を話し、ぎりぎり出席もセーフ。英語の授業なのだけど、今日は全く当たらなくて90分ほぼ爆睡。そりゃ疲れるわ、と思いながら帰りの電車でも爆睡。


いまだに眠気がおさまりません。





今日こそ昨日見れなかった映画「ミスト」を見ようということになっているのだけど、現時点でこんなにも眠いので、きっと私は彼氏の帰りまで眠気に耐えることはできないのだろうなとうすうす感じている。


明日は寮の野球チームが試合なので、マネージャー業がんばります。明日こそ勝って祝勝会かねてみんなで飲みにいけたらいいな〜と、そんなことばかり考えている。











あー、眠い。


はよ帰ってこい。




2008.10.18 Saturday... comments(2) / you and me
...変化。


気づけば今日から10月。


世界恐慌の訪れが叫ばれたり、衆議院の解散先送りだとか台風15号に厳重警戒態勢だとか。いろんなところでいろんなことが私とは程遠いところでおきている。


自分とはあまりにも遠いものだから、はたして自分にはどのような形でそれは関わってくるのだろうかと思うのだけど、見当がつかない。


それとは別に、私には私の考えなくちゃいけないこと、見据えなくちゃいけないことがある。でもまだちゃんとむきあってないんだよな。


今のままでも十分だと思うし、このままいけばそれはそれなりに、きっとうまく流れて行くんだろうと思う。だけど、やっぱりこのタイミングで私に近付いてきたモノを気づかないふりして通り過ぎてしまうのはやっぱりどこか残念だし、さみしいよなと思う。


近くにそれを応援すると言ってくれる彼氏もいるのだし、いつもはネガティブな彼氏が「やるだけやってだめならやっぱりそうは甘くないんだってことだよ」と背中を押してくれてるのだから、とりくまなくちゃいけないよなー。


私以上に目を輝かして、「絶対にナリコに向いていると思うよ。すげーじゃん!!」と喜ぶ彼氏の顔を忘れられない。


でも新しいことに挑戦するというのは本当に気力を要するもので、今までの生活があまりに楽すぎた私は腰が重くてしかたない。


残された期間は1か月弱しかないのに。あーもう。なんだかな。





〆。




2008.10.01 Wednesday... comments(0) / you and me
...メロウ


もう9月も半分いってしまった。


私は一人、バイト三昧の日々。


学校は22日からだけど、実質10月1日から。


授業登録もぼちぼちしているけど、どうしたって興味のわく授業が少ない。今のところ、月曜と水曜は授業が入っていませんが何か。


登録上限に対して、登録単位数に余裕がありすぎるというのはどうなんだろう。でも本当に面白そうなものが少ない。


いいなって思うのがいくつかあるとすれば、一点集中でその中から一つ選べというのもどうなの。うまく曜日で振り分けてくれればいいものを。





今日はやっとバイトがお休み。


カラーをして、帰省していたときに地元のfranc francで買ったブックラック(シルバー)が届くのに合わせてお部屋を模様替え。


うまくすっきりしたんじゃないかと思う。


前より断然広く感じられる。


模様替え、回を重ねるごとにどんどん部屋が広くなっていく。


最初どれだけ無駄な配置をしていたんだろう、という。


その成果をいちばんに彼氏に見せたかったのだけれど、なんと彼氏は只今入院中。どれだけタイミング悪いんだ。


免許更新のために帰省するというから、じゃあ私の帰省の時期と合わせて、そのうちに名古屋でデートしようといっていたのに、風邪気味で帰省直後いよいよ熱が出て病院へ行った彼氏は、肝臓もやられていますねと言われて入院が決定。


彼氏曰く「扁桃腺がアンパンマンのほっぺ並に腫れている」そうで、熱が下がらないんだとか。そうこうしているうちにそのウイルスが肝臓に転移したらしく、機能障害がどうのこうの。脾臓も腫れているらしく、本人の自覚とはほど遠く、彼氏の内臓は大変なことになっている。らしい。ばか。


来週の25日退院予定だそうだけど、きっと彼氏のことだ、遅れるにきまっている。いや、遅れることになっているのだ。そんな確信をもっている私は、今日電話で数週間ぶり(帰省前にあったのが最後だったから約1週間ぶり)に彼氏の声を聞くまで、とくに昨日の夜なんかはいろいろと不安でちょっと布団の中に入ってから泣いちゃったりもしたんだけど、少し元気が出ました。ここまで私にとってかけがえのない存在になっているとは。この人が好きなんだなとは思っていたけど、こんなにも不安にさせられるほど、私はこの人を欲しているのを知って、もっともっと彼氏を大切にしようと思った昼過ぎ。雨の音。


土曜日には東京には台風が来ますね。バイトどうなるのだろう。


明日から22日まではずっとバイトで、やっとのお休みの23日も大学の資格の申込をしに行こうと思っていて、そうすると実は案外あっという間に25日が来るんじゃないかと期待している。やっぱりさみしいんだ。でも、遅れるのかな。やだな。


25日は偶然にもバイトがお休みだから、一番に迎えに行こうと思っていたけど、彼氏は実家の方の病院なんだから、退院当日に八王子まで帰ってこられはずがないと今気がついた。がびちょーん。


なら次会えるのはいつになるんだろう。


寮の男どもは10月まで帰ってこないらしいと言ってるし(はたしてどこ情報なのだ)、10月までこの部屋のきれいさを保っていられるかも微妙。


どちらにせよ、早く帰ってきてほしいのである。


私も、私の部屋も彼氏の帰りを待っている。


新しく大きな枕も買ったのだ。低反発のしごく寝心地のよい枕。


会いたいと思っていればいるほどに、会えなくなる。


それはとってもさみしくてせつないものなんだな。


だけどその分じっくりゆっくりいろんなことに時間をかけられるもの。


部屋の模様替えも彼氏がいたらできてなかったはず。当初、今日だって動物園へ行くと約束をしていたのだから。


そうすると肝臓に転移したウイルスに感謝しなくてはいけないのかしら。そんなのいやだ。さっさと彼氏の体から出てっておくんなまし。


明日も彼氏の中でぬくぬくすごすウイルスに出てけおらおらと念を送りながらバイトに励みます。


彼氏とぬくぬくするのは私だけでよろし。








16日のたっちゃんソロコンの感想はまた次回。


これ、まさに"恋する座席"だった。


帰ってきてど下手ながら、思わずたっちゃんの似顔絵を描いた私。どれほど。








では、また。




2008.09.18 Thursday... comments(1) / you and me